月別アーカイブ: 2015年2月

金融機関での相続手続き代行

IMG_2244
Googleが提供するIngressという位置ゲームを、滋賀出張ついでにやっていたらこんな山の中に入り込んでました(^_^;)

「相続手続きに関する書類作成代行」というのは当事務所で最も取扱件数の多い業務になります。
戸籍を取得して相続関係説明図を作成し、相続人による協議に基づく遺産分割協議書を作成するというのが、「相続手続きに関する書類作成代行業務」の中で、最も多い組み合わせです。戸籍を取得するところからですと、1ヶ月はかかりますので、1年を通じて、この一連の業務を取り扱っていることになります。

関係図ができて協議書ができたら、不動産の相続登記があれば、司法書士さんにお願いしますし、相続税の申告が伴うときには(実際には協議書作成段階から)税理士さんにお願いします、相続放棄等裁判所が関係する場合には弁護士さんにお願いすることになります。

人が亡くなった場合の相続手続きには、銀行や証券会社等の金融機関での相続手続きも多く含まれます。不動産を所有していない人はいても、銀行口座の一つも持っていないなんて人はまずいません。ですので、「相続手続きに関する書類作成業務」から派生して金融機関での相続手続きの代行をおこなうことも多いです。

当事務所でもこれまでに50件以上は、金融機関の相続手続き代行はしてきました。1人につき4つの金融機関の口座があるとしても200カ所になります。この金融機関での相続手続きというのは、金融機関毎にやり方も手続きに必要な書類等も異なります。例えば銀行口座を4つ持っていたら、4つの銀行の相続手続き書類に相続人全員が署名押印(実印)するというのが一般的です。そしてその書類の書式もすべて違っていたりします。被相続人が口座を持っていた支店でないと手続きできない銀行もあれば、そうでないところもあったりします。実は相続人の方が一番苦労するのはこの金融機関での相続手続きではないかと思います。

当事務所で手続きを代行する場合は、「遺産分割協議書+代表相続人1人が銀行の相続書類に署名押印」という形でやるようにしています。こちらのやり方であれば、ずいぶん手間は減るのですが、かなり強くこの方法を主張しないと、相続人全員の署名押印ということになってしまったりします。

金融機関の相続手続きについては「自分達だけでもできる」ということで相続人の方だけで手続きされるケースが多いですが、実は不動産の相続登記よりも時間がかかってしまったりすることも少なくありません。不動産相続手続きにしても銀行相続手続きにしても、いつかは終わる内容(特に専門知識や技術を必要としない)であることは確かですが、専門家を介在させて、その手間と時間をお金で買うというのも悪くないとは思います。

金谷行政書士事務所では、主に遺言作成(自筆証書遺言、公正証書遺言等)に関する業務と相続に関する業務を承っております。その他、後見(任意後見(契約書作成、任意後見受任、見守り契約、一般委任契約)に関する業務にも力を入れております。初回相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。地下鉄谷町線千林大宮駅から徒歩1分、宝くじ屋さんのビルの2階です。

また、遺言や相続に関するセミナー講師等もしております。過去に10数回経験があります。(大阪市生涯学習センター、寡婦会、町内会、老人会、葬儀会社等)その他行政書士向け実務セミナー講師もしております。詳細はお問い合わせください。

金谷行政書士事務所 行政書士  金谷澄夫
kanatanisumio@gmail.com
535-0002 大阪市旭区大宮大宮2-27-22 TFビル2階
06-7178-7996 06-7635-7837(FAX)
080-3863-2039 kanatanisumio@me.com


戸籍業務民間委託差止訴訟

IMG_6029(大阪市旭区民センター集会室2 無料相談会などでよく利用します。)

東京新聞によると、民間団体が足立区の戸籍業務の民間委託の差止めを求めて提訴したとのことです。大阪市でも数年前から窓口業務の民間委託が進んでいます。私が最も利用することの多い大阪市旭区でもこの2月から引き継ぎが始まり3月には民間に委託されるとのことです。ご近所の大阪市城東区、鶴見区等では既に民間委託されています。

城東区役所や鶴見区役所で戸籍を取ることも多いので、両区において民間業務委托がスタートした時期にも立ち会っています。その頃は窓口が相当混乱していたのをよく覚えています。旭区もそうならないと良いのですが。昨年の秋に行政書士会として旭区の区長とお話させてもらったときにも、区長はそのことを懸念していました。

どこの役所が一番戸籍取得がやりやすいかと言いますと、これは大阪市役所です。弁護士等が多く利用することもあってか、相続関係の戸籍取得(被相続人の出生から死亡まで等)については区役所等と比較しても圧倒的に理解度が高く、人数が多いせいか仕事も早く、廃棄証明書等、区役所であればけっこう時間がかかる(30分)書類についても迅速に対応してくれます。大阪市内でたくさんの戸籍を取るときには、わざわざ中之島まで行くこともあるくらいです。

城東区や鶴見区も民間委託が始まってだいぶたちましたので、窓口の混乱というのはさすがに無くなりましたが、しかしながら私の立場からすれば、まだまだ以前の区役所職員が対応していた時代の方がやりやすいです。結局のところ民間の人達は自分達で決定できないので、何かあると奥にいる区役所の職員のところに指示を仰ぎにいくことになります。また戸籍の取扱に関するルールは厳守しながらも、複雑な戸籍取得が円滑に進むよう手助けしてくれていたような部分も、決定権を持たない窓口の人達にそのようなこともできませんので、こちらの手間が増えてしまっているのが現状です。

旭区役所の窓口は3月以降どうなるかはわかりませんが、自分の戸籍や住民票を取りにきただけの人が20分以上待たされたりすることの無いようになればいいと思います。

東京新聞 公金支出差し止め求め提訴 足立区の戸籍業務民間委託
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20150122/CK2015012202000117.html


秘密証書遺言

IMG_3179
(もうすぐ4歳になる息子が夢中になってる「仮面ライダードライブ」のオモチャ)

日経新聞の記事に「白紙となった秘密遺言 小さなミスでただの手紙に」というコラムがありました。分割方法の指定がされていなかったことで、遺言が実質的に意味をなさなかったというお話でした。自筆証書遺言ではよくある話だとは思いますが、ここで気になったのは、遺言者はどうして秘密証書遺言という方式を選択したのかなという点です。

どうやら手書きの遺言を秘密証書遺言にしたようなのですが、手書きの遺言を秘密証書遺言にするには、公証役場に出向いて1万1千円なりの公証役場の費用を支払い、証人2人立会いも必要です。そこまでしてわざわざ秘密証書遺言にするのであれば、あと数万円程度の手数料を払って、公証人と相談の上、公正証書遺言にしておかなかったのだろうなと思います。記事を読むと東京都内で900㎡の土地を所有とありますので、数億円の資産に対しての公証役場の手数料を気にしたのかもしれません。

当事務所ではこれまで150件以上の公正証書遺言作成のお手伝い(相談、資料収集、公証役場との打合せ、当日の証人等)をしてきましたが、秘密証書遺言の作成のお手伝いはほとんどありません。何回かある経験もすべて、公正証書遺言レベルのものを作って印刷したものを秘密証書遺言化したというものでした。当事務所が関わるケースでは、依頼者が強く希望されない限り、これからも秘密証書遺言を取り扱うことは少ないだろうと思います。

(日経新聞 白紙となった秘密遺言 小さなミスでただの手紙に)


遺言執行で考える遺言作成時の注意点

IMG_3007
(先日ご訪問させていただいたお客様のマンション、ゴミ箱の色がポップです。)

ここのところ遺言執行を何件か並行しておこなっております。私が遺言作成のお手伝いをさせていただいた案件もあれば、そうでないものもあります。

遺言執行手続きをしていると、遺言で使われる文言、言葉の重さというものを痛感します。「動産、不動産のすべて」なんていう言葉を使用してしまったばっかりに金融機関で「預金債権は含まれていませんので・・」なんてことを言われたりもします。(実際には預金債権も動産なので問題ないのですが、いろいろと手間がかかってしまいます)生命保険関係なんかも、きちんと記載しておかないと、本人が希望する形が実現できないこともあります。

今回、遺言執行をしながら、「遺言は相続手続きのことも考えてきっちりと作らないといけないな。」ということをあらためて感じてます。専門家を入れて公正証書遺言にするというのが一番無難な方法なのは確かですが、経済的な理由、その他(この先、何度も書き換えたい・・等)の理由で自筆証書遺言を選ばれる方もいらっしゃいます。自筆証書遺言を作成する方に対して「省略しすぎず、かといって公正証書ほど長すぎず」というちょうどいい自筆証書遺言の中身を提供していこうと思います。

金谷行政書士事務所では、主に遺言作成(自筆証書遺言、公正証書遺言等)に関する業務と相続に関する業務を承っております。その他、後見(任意後見(契約書作成、任意後見受任、見守り契約、一般委任契約)に関する業務にも力を入れております。初回相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。地下鉄谷町線千林大宮駅から徒歩1分、宝くじ屋さんのビルの2階です。

また、遺言や相続に関するセミナー講師等もしております。過去に10数回経験があります。(大阪市生涯学習センター、寡婦会、町内会、老人会、葬儀会社等)その他行政書士向け実務セミナー講師もしております。詳細はお問い合わせください。

金谷行政書士事務所 行政書士  金谷澄夫
kanatanisumio@gmail.com
535-0002 大阪市旭区大宮大宮2-27-22 TFビル2階
06-7178-7996 06-7635-7837(FAX)
080-3863-2039 kanatanisumio@me.com