月別アーカイブ: 2015年9月

アメフトの試合をしてきました

12042924_906683346079496_7207002431884075739_n
(勝利で試合を終えて、皆で声を出しています。私は反対側で見えません。)

40歳以上を対象としたシニアチームでアメフトをやっています。今日はリーグ戦(大阪1チーム、東京2チームが所属)でした。会場は万博のエキスポフラッシュフィールド、対戦相手は東京のU59ersでした。試合は37-21で私が所属する「OVER40LEGENDERS」が勝利しました。

対戦相手には、日大フェニックスOBの松岡さんがおられたり、こちらには関学OBの堀古さん、京大OBの若林さん等昭和のアメフト好きにはたまらない名選手達も多く参加しています。そんな中で、ごくごく普通の選手である私ですが、なんとか試合には出させてもらっています。

この日の試合は、両チーム共にミスも少なく点の取り合いになりましたが、私達の守備陣が奮起して、相手チームのパスをいくつか奪ったことで勝つことができました。少し足を痛めてしまいましたが、アメフトは楽しいです。このような素晴らしい環境でプレイできることに感謝しています。次戦は12月、東京遠征です。


大阪府行政書士会で相続業務に関する研修をおこないました

IMG_7981
(講義開始30分前です。)

大阪府行政書士会にて「行政書士の相続業務〜主に不動産の相続手続に関する書類作成と司法書士等との連携について〜」という内容の研修講師をしてきました。

行政書士試験に合格して、行政書士登録が済みますと、相続に関する一部の書類作成を業としておこなうことができるようになります。新しく登録された行政書士さんのホームページや名刺を見ますと、取扱業務の中に、ほぼ「相続」という文字が入っています。しかしながら、試験に合格しただけでは、実務はできませんし、行政書士会も、相続業務に特化した集中研修プログラムまでは用意していません。

そんな中で、相続に関する書類作成を業務として扱っていくには、相続手続(特に不動産が関連する相続)のプロ中のプロである司法書士さんとの連携が不可欠です。そして司法書士さんとの連携を前提としても、行政書士の多くは相続業務に関する知識が足りていないのが現実です。知識が足りていない中で相続業務を取り扱うと、依頼者に迷惑をかけることになるので、相続実務の基礎知識を勉強会の場が必要であると以前から思っていました。

私の場合は、幸いにも、行政書士登録以前に法律事務所の事務職員として実務を勉強させてもらいました。また弁護士会では事務職員向けの研修も豊富であり、その中身もしっかりしております。そんな環境がありましたので、幸い、相続実務に関する基礎知識について困ることはあまりありませんでしたが、すべての行政書士がそのような環境ではありません。そのような事実を受けて、相続実務に関する基礎知識の研修をしたいと思っていたのですが、今回、大阪府行政書士会旭東支部の研修部から相続に関する研修講師の依頼があり、喜んで引き受けさせていただきました。

今回の研修は、1不動産が関係する相続に関する書類作成業務においては司法書士と連携しよう。2行政書士が相続に関する書類作成業務に関与するメリット、デメリット 3戸籍の読み方(平成6年式、昭和23年式、大正4年式、明治31年式までの研修用の「被相続人甲野勝」の戸籍を作成しました)4相続関係図の作成 5遺産分割協議書の作成 といった流れで話をしました。その他の資料も豊富に用意しましたので、自分で言うとおかしいですが、相続に関する書類作成業務の入門研修としては悪くなかったのではないかと思っています。

さっそく他の支部や他の単位会(県)からも、同様の研修開催のお話をいただきました。ありがとうございました。当事務所では積極的に、行政書士向けの相続遺言の実務講座講師をやっていきたいと思っております。研修担当の皆様、お気軽にお声がけください。よろしくお願いいたします。


研修の打ち合わせ

IMG_7846_edited
(事務所のドアから撮影しました。30㎡+10㎡(書庫)という事務所です。)

9月25日(金)に大阪府行政書士会にて研修講師をする関係で、支部の研修担当の行政書士と打ち合わせをしました。良い研修にしようと思っております。ただいま資料を作成中です。


納骨にいってきました

IMG_7803

東本願寺大谷祖廟に納骨にいってきました。故人にたいして私は任意後見契約受任者であり、その後は死後事務委任契約の受任者となり、遺言執行者という立場でこの2年間接してきました。「最後までよろしく頼むわ」と言われておりましたので、お通夜、お葬儀、四十九日、そして納骨までご同行させていただきました。ありがとうございました。


遺言公正証書作成業務

IMG_7337
(当事務所は地下鉄谷町線「千林大宮駅」下車すぐです。1階は宝くじ屋さんです。)

遺言公正証書の作成の依頼を受任しました。これより打合せを重ねていきます。


行政書士対象の相続業務の研修講師をします

IMG_7690
(両親と息子を連れて淡路島旅行に行ってきました)

9月25日(金)18時より大阪府行政書士会にて「行政書士の相続業務〜主に不動産の相続手続に関する書類作成と司法書士等との連携について〜」というタイトルの研修を行います。金谷が講師をします。行政書士登録から9年目、これまで250件以上の相続業務を受任してきました。その経験から行政書士の相続業務、特に不動産の相続に絞ってお話します。ご興味のある行政書士の方は是非ご参加ください。他府県登録の方でも大丈夫です。

中身としてはこんな感じです。よろしくお願いします。
参加希望の行政書士の方は、こちらのページからお申し込みください。

行政書士の相続業務とは

 ◯行政書士が相続業務をすることのメリット、デメリット

 ◯不動産の相続に関する書類作成業務に絞ってお話する理由

 ◯司法書士(弁護士)と共同で業務をおこなう必要性

 ◯報酬について

相続に関する書類作成業務

 ◯相続人確定作業及び相続関係図作成

 ◯相続財産(不動産)確定作業

 ◯遺産分割協議書の作成

 ◯遺産分割協議書作成後