カテゴリー別アーカイブ: 未分類

4 月中旬


(チラシを折る機械です。ドイツの会社のもので何万円かしましたが、ツルツルの紙はうまく折れません)

4月中旬です。
公正証書遺言作成業務、相続人確定及び関係図作成、遺産分割協議書作成業務、相続人確定作業及び相続財産調査(金融機関)等をおこなっております。許認可については、車両登録等をおこなっております。


4月初旬


(京都の原谷苑で桜を見てきました)

4月になりました。
自筆証書遺言作成のお手伝いを2件おこないました。基本的には公正証書遺言で作成することを勧めていますが、場合によっては自筆証書遺言の方がベターであることもあります。その場合には自筆証書遺言をおすすめするようにしています。


遺言執行者に就任いたしました


(京都の城南宮で梅をみてきました)

数年前に公正証書遺言を作成された方が亡くなり、私が遺言執行者に指定されておりましたので、就任をして遺言執行にとりかかっております。遺贈(法定相続人以外の人が財産を引き継ぐ)ですので、遺言執行らしい遺言執行といえます。(相続人にたいしての遺産分割の指定である『相続させる遺言』においては、執行者の執行の余地はあまりありません。)遺言者の除籍を取得するところから始まり、最後は税理士さんによる相続税の申告までこれから数ヶ月かけて取り組んでいきます。


5月下旬

IMG_6320
(事務所近くの喫茶店です。オープンスペースが広くて気持ちいいです。)

5月下旬も、相続に関する書類作成業務、遺言作成業務、契約書作成業務等を
継続的におこなっております。


本年もよろしくお願いします

IMG_9262
(12月のシニアアメフトの試合より。#34がボールを持っていて、その隣で#58の私がブロックしています)

本年もよろしくお願いいたします。

ここのところホームページを見てご連絡をいただく機会が増えてきました。ありがとうございます。12月29日から1月4日までお休みいただきましたが、本年も遺言相続後見と許認可全般について頑張っていきます。よろしくお願いいたします。


相続等における金融機関との関わり方

スクリーンショット 2015-10-02 00.11.23
(先週のおじさんアメフトの試合より。43番が私です。)

 相続手続き代行業務や遺言執行業務等を通じて、いろんな金融機関と関わります。ゆうちょ銀行、メガバンク、地方銀行、信用金庫、信用組合、農協と何十種類かの金融機関で各種手続きをさせていただきました。

 こちらがきちんと民法等に従い手続きすれば、きちんと対応をしてくださる金融機関もあれば、独自ルールのみで判断しているのではないかと思わせれる金融機関もあります。行政書士としての私の立場はそんな相手であってもそことケンカすることではありませんし、そんな対応を正すべく判例をつくるべく訴えを起こしたりするものでも当然ありません。各金融機関が求めるものを適切に揃え、書類を作成することです。

 なので、例えば、遺言作成時にそんな金融機関の口座をお客さんがお持ちの場合は、「あなたのこの遺言内容では、将来相続人があそこの金融機関で相当苦労することになるから、さしつかえなければ他の銀行に口座を移したらどうでしょうか?」というアドバイスをすることにもなります。

現在、銀行関係の相続手続きにおいては「特定の相続人から法定相続分の払い出しを求められた場合の金融機関の払い出し義務」についての最高裁の判例が待たれています。平成21年に最高裁の判決が出るまでは、被相続人の預金の履歴照会(異同明細)を特定の相続人単独で調査することすらできませんでした。この平成21年の判決が出てから、相続代行業務はずいぶん楽になりました。今後、仮に法定相続分の払い出しが可能になったときも、金融機関での相続手続代行業務はずいぶん変化することになるだろうと思います。